葬儀安心ガイド

すぐに弔問にうかがえないとき

投稿日:2017年3月8日 更新日:

すぐに弔問にうかがえないとき

仕事や都合ですぐに弔問にうかがえないときもあります。

その場合は代理の人に弔問をお願いするか、取り急ぎ弔電を打っておきます。

ただし、弔電はあくまで略式のものですから、後日訪問できるようになったら弔問にうかがうか、お悔やみの手紙を書いて追悼の意を表しましょう。

 

代理の人に弔問をお願いする

死亡の連絡を受けた本人が、入院や仕事の都合などで不在のときは、家族が代理人として弔問にうかがいます。

そして後日改めて本人が弔問にうかがうのが一般的です。

代理人は配偶者か、あるいは成人に達していれば子供でも構いません。

また、代理人は故人やご遺族と面識がなくても構いません。

もし、代理人をたてられないときは弔電を打ちます。

そして後日、お悔やみの手紙を書き、弔問にうかがえなかった事情を書きます。

本人も弔問にうかがえず、代理人もたてられないときは、電話でお悔やみを・・・、と考えがちですが、喪家は取り込み中ですから、電話はなるべく避けたほうがよいでしょう。

やむをえない理由があって電話をした場合も、ご遺族を電話口に呼び出すことは配慮に欠けますので、控えましょう。

 



24時間365日、知識と経験の豊富な自社スタッフが待機していますので、必要な時にはいつでもご連絡ください。

寝台車の手配など、お急ぎのときは電話でご依頼いただければ、すぐに病院やご自宅まで駆けつけます。

-葬儀安心ガイド

Copyright© フラワー典礼株式会社|高崎市(榛名町・箕郷町・倉渕村・沖町)のご葬儀・お葬式・家族葬なら , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.